BLOG

映文連アワード2014 部門優秀賞を受賞!

今年度の映文連アワード2014にて、昨年弊社が制作した
「BASELWORLD2013 CITIZEN “FROZEN TIME” 120日間の記録 」が
コーポレートコミュニケーション部門の優秀賞を受賞致しました。

『BASELWORLD2013 CITIZEN “FROZEN TIME” 120日間の記録 ~The time begins to start~』


映文連アワード2014
http://www.eibunren.or.jp/top/eibunren-award2014_4.html

STAFF
Installation Design :Tsuyoshi Tane(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)
Booth Design:Nobuyuki Yasuda(IXI)
Lighting Design Programming & Sound Design:Yutaka Endo(LUFTZUG)

Movie Director & Camera:Kazuyuki Miyabe(HIROBA)
Assistant Director:Rikako Takahashi(HIROBA)
Movie Camera:Yohei Takeda
Agency:ADK

 

CITIZEN 「LIGHT is TIME」

昨年に引き続き、CITIZENのグローバルプロモーション活動の
ドキュメント映像をHIROBAで制作しました。

今年はBASELWORLDのみならず、初めてMilan Design Weekにも出展し
この映像も世界中の方々にCITIZENのメッセージを認知してもらう目的で制作されました。

企業プロモーションのドキュメント映像として、第一にこのような取り組みの事実を
多くの方々に知って頂くことが、とても重要な役割となりますが
今回はそれ以上に、2つのイベントにかけるシチズンの思いやコンセプトを
映像で表現することを意識しております。

是非皆さんにご覧になって頂けると嬉しいです。

We filmed a documentary on CITIZEN’s global promotion activities in 2014

This year, CITIZEN joined BASELWORLD as well as Milan Design Week. 
The film was produced to deliver CITIZEN’s message to the world.

As a promotion of a corporation, this documentary aims to contribute to a wider recognition of CITIZEN’s activities, and also we focused on the concept and their passion toward the two events.

Please check the video linked below and we hope you enjoy! 

 

BASELWORLD2014 − MILAN DESIGN WEEK2014 ②

今回の撮影チームは4名体制で行いました。
宮部がディレクターとカメラ(スチール・ムービー)
HIROBAの田川がアシスタントで全体を把握し
そしてカメラマンの深谷君(スチール・ムービー)と
昨年に引き続きディレクターの武田というメンバー構成です。

今年もムービーとともにスチールもHIROBAで担当していたため
2カメ体制が組めるよう、信頼出来るメンバーで行けたことはとても心強かったです。

写真 4  写真

今年はCraneやSteadiCamを日本から持ち込み
よりダイナミックな映像表現ができるように試みました。

BASELWORLDの「COMPRESSED TIME」では、見上げる形で地板が吊り下げられているので
Craneを使いながら見上げる人の目線を意識しながら撮影し
MILAN DESING WEEKの「LIGHT is TIME」は上から下まで地板が連なる巨大な空間の中を
歩きながら見ているような感覚になるようSteadiCamで撮影をしました。

今年はフルハイビジョン撮影という選択でしたが、来年以降はインスタレーションや建築など
緻密さであったり、再現性によって伝わり方の違いが出てくる映像に関しては
4K撮影がマストになってくると思いました。
撮影後、翌日には編集して納品ということもあるので
海外撮影でのマシンスペックの問題などありますが
弊社でも4Kへの切り替えは早めにおこなっていこうと思います。

今年のインスタレーションも圧倒的に素晴らしいものでした。
MILAN DESIGN WEEKの「LIGHT is TIME」はMILAN DESIGN AWARDの
「Best Entertaining」と「Best Sound」の2部門で受賞したとのこと。
是非ご覧になってみて下さい。

CITIZEN BASELWORLD2014 INSTALLATION ART”COMPRESSED TIME”


MILAN DESIGN WEEK 2014 「LIGHT is TIME」VIRTUAL TOUR

 

BASELWORLD2014 − MILAN DESIGN WEEK2014 ①

昨年に引き続き、シチズン時計のバーゼルワールド2014の映像を担当させてもらいました。
さらに今年は、シチズン時計がミラノサローネへの出展もおこなうということで
バーゼル終了後、そのままミラノへと続く1ヶ月近い出張になります。

バーゼルワールドが行われるバーゼルと言う都市は、スイス北西部にあり
ドイツとフランスの国境が隣接する場所にあります。
今回の私たちの宿泊はドイツ側にあり、毎日電車で国境を越えてバーゼルへと向かいます。
ICEという新幹線のような特急電車でドイツからスイスへの1時間弱の旅。

陸続きの欧州で国を超えて仕事をするというのはごく当たり前のようですが
私にとっては何だか少しかっこ良く思えて、これが当たり前になると良いなぁと
牧歌的な車窓を眺めながら考えておりました。

写真 3 写真 5

電車の時刻を眺める撮影チーム。
電車が到着するホームが急に変更することもあり、何度か駅を駆けめぐることも…。
写真 11 写真 6

そして食事!ドイツと言えばやはりソーセージ!季節のホワイトアスパラも絶品でした。
写真 1 写真 2

次回は撮影についてご報告します。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はみなさまに大変お世話になりまして
誠にありがとうございました。

新年を迎え本日より始業の弊社ですが、
朝、通勤途中に通りがかったタバコ屋さんで。

店の前を恐らく店主らしき80歳くらいのおばあちゃんが
せっせとお掃除をしておりました。

おばあちゃんと同じく歩んで来たであろう、味のあるお店の入り口には
これまたおばあちゃん手書きらしき達筆な字で
「いらっしゃいませ、いつもありがとうございます。」と張り紙がされておりました。

信号待ちのわずかな時間だったので、僕の勝手な印象ですが
こういう気持ちでお客さんと向き合って来たからこそ
おばあちゃんはずっとタバコ屋さんを続けて来られたんだなぁと感じました。

人と関わり、仕事を続けていくことのシンプルな答えが
そこには書いてあるように見えました。

果たして、おばあちゃんのように、僕はこんなにも長く仕事を続けていくことが出来るのか。
果たして、おばあちゃんのように、関わる人々に僕はこのような気持ちで向き合えているのか。

やれてないことをあげれば切りがない自分ですが
やろう!と、新年早々自戒をしながら出勤しておりました。
旧年中のことはおいといて、新たな気持ちで向かえるためにも
新年というのはあるんだと強引にまとめて。

みなさま本年もどうぞ宜しくお願い致します。